着物レンタルのクーリングオフ

着物レンタルのクーリングオフ

着物レンタルのクーリングオフ クーリングオフは、高額な商品を購入や契約をしてしまった場合でも、一定の期間内であれば無条件で一方的に解約することができ、返金してもらえるという制度です。
着物のような高額な商品となるとよく利用されることになるのですが、着物レンタルとなると購入しなくても手ごろな価格で貸してもらえるものの、それでも絞り染めなど高額な着物になると着物レンタル料も高額になってしまいます。
着物レンタルでは、購入ではないのでクーリングオフというよりもレンタルのキャンセルという形で手続きを行うことになります。
成人式の振袖など成人式の日に集中して利用されることが多いために、早い段階からレンタルの予約を入れる人も多くいますが、直前になって事情でキャンセルしたいということもあるものです。
そんな時には、店舗に連絡をしてキャンセルをしたい旨を伝えるだけとなるのですが、店舗によってもキャンセル料が発生することがあります。
直前になるほどにキャンセル料が高額になる傾向にあり、支払い料金の何パーセントという形で費用が発生することになるのが一般的です。

赤ちゃんのための着物レンタル

赤ちゃんのための着物レンタル 赤ちゃんが無事に生まれて、その後も健やかに成長することを願って行うのがお宮参りです。
細かな慣わしには地域差がありますが、生まれておよそ1か月後の良い日を選んで参拝するというものです。
お宮参りには赤ちゃんに祝い着と呼ばれる着物を用意する風習があるのですが、この着物は嘗ては母方の実家が用意するなどのしきたりがありましたが現在では着物レンタルを利用してその日一日だけ産着をレンタルしたり、両親が子供の時に使ったものを活用するなど、合理的な考え方の人も少なくないようです。
この時に使う産着は実際に着せるのではなく赤ちゃんを抱いた上から覆い掛けるようにして纏わせます。
着物レンタルなら男の子用と女の子用それぞれに種類がそろっているので、好きなものを選べるし、必要な小物もすべて準備してもらえるので、とかく忙しい人にも便利で利用しやすいのが魅力です。
お宮参りをすることは日本の伝統的な行事の一つなのですが、着物レンタルを利用すれば両親の負担や手間を減らすことができます。